*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

先日占星術にはまっている友人から、27日から射手座から重い天体冥王星が山羊座に動くのでかなり大きな時代の変化がありそうだ!というメールをもらいました。

私は占星術にはあまり興味はないけど、各惑星のエネルギー(周波数)という観点からみるとその影響というのはわかります。


それに惑星はそれぞれ固有のエネルギー(周波数)を放っていて、その周波数は、色や音を放っているというし、よく宇宙は巨大なオーケストラにたとえられているけど、そんな事を想像するととても優雅な気持ちになってきちゃいます

071226_1751~01_0001

この絵は秋山峰男先生のお宅で撮らせていただいた絵。秋山先生は宇宙のエネルギーを絵にしていらっしゃいます。

もちろん人間の身体にもチャクラがあって、各チャクラはドレミファソラシド♪の音と各色がリンクしているのを考えると、人間もまさに小宇宙!なんですねー。
大宇宙の周波数を受容する受容器のようなものが経絡やチャクラ。
とても不思議な関係です。

友達がいう27日の大きな変化とは、個人レベルで感じることなのか、はたまた私個人ではスルーしてしまうことなのかはわかりませんが、私自身も少なからず自分の感情がこういう宇宙の影響を受けていたと思うことが少なからずあるので、参考にしています。

下記は、Arrived Energy On Earthさんより2008年のアカシックレコードです。

2008年1月のアカシックレコード

http://spiritlibrary.com/akashic-transformations/akashic-records-of-january-2008


☆今月の重要な日はいつになりますか?


今月はポータルから始まります。2008年1月1日は、とても重要なエネルギーのポータルです。それは、光明へと続く道を辿る者すべてが通り抜けるドアウェイです。まさにそれは入り口といった感じになるでしょう。日常生活が一層激しく経験されるようになります。

まさにこの瞬間、人間誰もが“全体”として取り消せない方法で人類にアチューンされます。これがわかった時にパニックを起こさないでください。なぜなら、あなたの魂はずっと長い時間をかけてこのための準備を整えてきているからです。

あなたがたそれぞれは、世界で演じるためにここへ来た~その役割を担うために踏み出す準備が完全にできています。あなたの役割がまだ明白でないとしても、その間あなたは、ここでするつもりだったことを確実にしています。あなたという存在のエネルギーは、2008年1月1日に、より具体的なものとなり、2008年の間に更にクリアになっていきます。

これを圧倒的なものと感じる人も多いでしょう。しかし、多くの人たちは、世界が一新された感覚で目的意識を見つけるでしょう。あなたがたの中には、新しく発見された地球とのつながりとして、それを顕現する人もいるかもしれません。あるいは、単に新しいエネルギーとして…あるいはプロジェクトのためのインスピレーションやグループとの新しいつながりとして顕現する人もいるかもしれません。どう顕現されるか…それは余りにたくさんありすぎます。ですから、自分が顕現できているのかどうか心配しないでください。

このエネルギーがあなたを前進させるままにさせてください。あなたは川の下流へと流されているようなものです。流れ始めると川の流れは少しずつ速まって行きます。流れからあなたを助け出すことはできませんが、あなたはその流れに乗っていくことができます。
人類は集合的に前進しています。あなたがたは共に、愛を選ぶことを決意し、光へと前進することを決めました。この勢いを止めることができるものなどありません。ですから、流れに身を任せてください。

物事が動き始めるにつれ、あなたは深い悲しみのような感情的なリリース、あるいは圧倒的な安堵を感じるかもしれません。1月1日にこのポータルが開いた時、あなたがたの多くは今年のための可能性へと踏み出します。そして、強められているエネルギーと共に可能性は、いくつかの大きな出来事をもたらします。ですから、あなたの将来は予想できません。あなたの個人的な選択と集合的な選択に基づいて、なにもかもが変り得るからです。

中には、今年がいかに激しく挑戦的な年となるか、感じる人もいるでしょう。しかし、その感受性を恐れに溺れさせないでください。今は、人間であるあなたの仲間を信頼する時間です。誰もが自分の経路を愛と光と共に歩んでいるのだと信頼する時間です。そうして誰もが必要な成長をしながら前進していくのだと信頼する時間です。

1月1日はこのような日になりますが、激しさだけではなく興味深い経験を約束してくれます。



1月5日は、新しいルーチンに落ち着いたような感じになりそうです。それはあなたにとって、新しいとは思えないものかもしれません。しかし、1月5日にあなたがすることすべては、あなたが1年前にしていたことと確実に違っているとお約束できます。

去年とは変化している方法を観察し、それを祝ってください。たとえ僅かであろうと如何に違った形でものごとをしているか…それに気づいてください。同じオフィスで働いているかもしれません。同じ家に住んでいるかもしれません。しかしあなたは、より一層多くの光を取り入れるように自分のスペースを変化させているかもしれません。あなたは、以前のあなたよりも微笑んでいるかもしれません。

あなたがどれほど変わったか…それに気づき・調べる時間をとってください。日常生活でのあなたの経験を改善するために、あなたが保ち続けたいもの…あなたが調整したいと思うものを決めてください。

覚えておいてください。今月は、あなた自身のニーズと欲求を積極的に追及することを通して、自分自身を幸せにする~あなたの能力を仕上げるためのチャンスを与えてくれます。



1月15日は重要な日です。まるで春の始まりのような日になります。1月15日は、新しいページをめくる…あるいは、ドアを抜けて踏み出す時間になります。ずっと引き伸ばしてきた選択…あるいは脇に押しやってきた機会があるのなら、1月15日をそのためのドアを通り抜ける日としてください。1月15日を、あなたの将来に…あなたのビジョンに対して、ついに「イエス」と言う日にしてください。この日、宇宙全体が、あなたがドアを通り抜けるよう先導します!



他にも1月にはいくつかスターゲートあるいはポータルとなる日があります。1月中はずっと、夜空に輝く星座のようです。それが煌く日がたくさんあります。


1月10日、19日、28日は光の日です。この日は、より多くの魔法が得られる日です。この間に、変化・新しい始まりが強烈に明らかとなるでしょう。自分の選択…自分自身を讃えるほどの自分の成長能力の驚異…そして、あなたの中にある聖なる光を観察してください。


最後に、キング牧師デーと呼ばれるアメリカ合衆国の祝日(今年は1月21日)があります。これは2008年の中でもとりわけ重要な日になります。過去30年の間に、この日はエネルギー的なものへと進化しました。今年の中でも最も重要な公的な祝日になります。この日のエネルギーは…この日の集合的な勢いと集合的な意図は…光明への魂の目的を担うためにすべきことを明確にします。この日は単に特定の社会的な動きを祝う日なだけではありません。これは、完全に光の中で生きる…という集合意識の意図の顕れなのです。

あなたがたが集合的な光の中で完全に生きていれば、必然的に他の人を同等のものとして見るようになり、あなたがたは “家族”として互いにケアしあい・愛し合うようになります。
あなたがこの祝日を祝うことを選択するのなら、そのパワーを認識するための時間をとってください。あなたがたがアセンションをしていくにつれ…あるいは、光明へと向かっていくにつれ…この祝日は、他者と広くシェアする機会を与えるようになるでしょう。

そのほか、1月の間は自分自身に関する真実を、ただ単に改めて受け入れるようお願いしましょう。あなたがたは愛です。あなたがたは愛からできています。あなたがたは愛の広がりです。あなたの周囲の誰もがそうです。今月の間、それを思い出すことにベストを尽くしてください。あなたが子供や最愛の人に向けているような優しさで自分自身をいたわることにベストを尽くしてください。



http://spiritlibrary.com/akashic-transformations/akashic-records-of-january-2008
スポンサーサイト


【uzBNSInFcNQ】
この記事へコメントする














11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アンジェ と ローズ

Author:アンジェ と ローズ
リコネクション・リコネクティブヒーリング・レインドロップ・アーユルベーダBodyトリートメント・エネルギーワーク・リーディングなどをやっています。心と身体とスピリチュアルをトータルで元気にするサロン。東急田園都市線中央林間駅徒歩5分!食事のアドバイスもしています。どうぞMoon Akuaでピカピカにリフレッシュして輝いてくださいね!ホームページ⇒http://www012.so-net.ne.jp/recone/index/html

名前:
メール:
件名:
本文:

powered by World 7258 Web